ふとした時の尿漏れが気になる|専門医院で治療可能

女性の悩みをサポートする

カウンセリング

尿漏れが頻繁に起きてきてしまうと、外出するのが怖くなってしまう人もいるぐらい困った状況となってしまいます。尿漏れにはちゃんとした原因があるので、専門の病院で診てもらい、治療をしていくことが必要です。そして、症状別の治療法が行われているので、自分に合った無理のない方法となるので安心です。

詳しく見る

尿のトラブル

病院の廊下

誰でも起こりえます

くしゃみしたら漏れたり、トイレに行こうとしたら失禁してしまうことを尿漏れといいますが、誰にでも起こりうる症状です。最近では、中高年ばかりか、20代や30代でも増えてきています。ですので、一人で悩むより尿漏れの専門外来を持つ病院に相談するのが良いです。そして、この尿漏れの原因なのですが、これは骨盤底が大きく影響しています。普通、私たちの内臓は骨盤によって支えられています。その支える筋肉を骨盤底筋というのですが、それがゆがむと、内臓が下がって膀胱や尿道が圧迫される結果、軽い衝撃で尿漏れが起こってしまうのです。肥満やがんこな便秘なんかも、膀胱や尿道を圧迫して尿漏れの原因になることがあります。ですので、自身でできる対策としては、この骨盤底筋を鍛えることが尿漏れの対策になります。

気をつけるべき習慣

ここで、自身でできるトレーニングを紹介します。誰でもできるものですと、あお向けになった状態で足を肩幅に広げ、両膝を軽くまげて立つ状態を基本姿勢として、その状態で肛門をしめてゆっくりと5つ数え、それが終わったら力をゆるめ、また繰り返すというトレーニングが効果的です。こういった簡単なトレーニングでも、3ヶ月続けていれば3人に2人は症状が改善されるので、諦めずに挑戦することが大事です。また、ほかの生活習慣で気をつけるべきことは、水分をしっかり摂ることです。尿漏れが心配だからと水分を摂らないでいると、かえって濃くなった尿が膀胱を刺激して尿意を感じさせたり、便秘になったり、最悪脳卒中を起こす要因にもなるので注意が必要です。また、太らないことも重要です。太ると、下半身に負担がかかるので良くない状態になります。

尿が漏れる原因とは

ナース

妊娠や出産によって骨盤底筋にゆるみが生じ、咳やくしゃみをした時に尿漏れを起こしてしまうことがあります。これを防止するためには、骨盤底筋のトレーニングが有効です。膣や肛門を締めるような動作を行うと、骨盤底筋を鍛えることができます。

詳しく見る

漏らしてしまう症状の改善

笑顔の中年女性

自分の意志と関係なく尿漏れを起こしてしまう女性は、少なくありません。軽度の尿漏れは、トレーニングやヨガによって骨盤底筋を鍛えることで改善することができます。数か月経っても改善されない場合は、早めに泌尿器科を受診しましょう。

詳しく見る